/crinigerous1468232.html,関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎,【第2類医薬品】ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 関節痛の薬 , 第二類医薬品,galaxsea.com,263円 /crinigerous1468232.html,関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎,【第2類医薬品】ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 関節痛の薬 , 第二類医薬品,galaxsea.com,263円 関節痛 商品 肩こりに伴う肩の痛み 腱鞘炎 ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布 第2類医薬品 263円 関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎 【第2類医薬品】ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 関節痛の薬 第二類医薬品 関節痛 商品 肩こりに伴う肩の痛み 腱鞘炎 ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布 第2類医薬品 263円 関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎 【第2類医薬品】ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 関節痛の薬 第二類医薬品

関節痛 商品 肩こりに伴う肩の痛み 腱鞘炎 ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布 第2類医薬品 お気に入り

関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎 【第2類医薬品】ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布

263円

関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎 【第2類医薬品】ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布




商品特長
1日1回の貼付でつらい痛みに24時間効果が持続!
冷却感の強いジェルシートなのでひんやり気持ちよい貼り心地です。
粘着シートと膏体が一体型なので、肘やひざなど関節部分にもピッタリとフィットします。

効能・効果
関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)、筋肉痛、腰痛、打撲、捻挫

用法・用量
ライナーをはがし、1日1回患部に貼ってください.ただし、1回あたり2枚を超えて使用しないでください.なお、本成分を含む他の外用剤を併用しないでください.

用法・用量に
関する注意


(1)15歳未満の小児に使用させないでください.
(2)用法及び用量を厳守してください.
(3)本剤は、痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく、痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤ですので、症状がある場合だけ使用してください.
(4)皮膚の弱い人は、使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に、1~2cm角の小片を目安として半日以上貼り、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください.
(5)1回あたり、24時間を超えて貼り続けないでください.さらに、同じ患部に貼りかえる場合は、その貼付部位に発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が起きていないことを確かめてから使用してください.
(6)同じ部位に他の外用剤を併用しないでください.
(7)汗をかいたり、患部がぬれているときは、よく拭き取ってから使用してください.
(8)多量の汗をかくことが予想される場合は、膏体がやわらかくなりすぎる可能性がありますので、使用をお控えください.
(9)粘着テープ等でかぶれやすい人は使用しないでください.
(10)貼付後、はがす際まれに粘着テープと膏体が分離する場合がありますが、効果に影響はありません.


成分

膏体100g中(1000cm2)
ジクロフェナクナトリウム…1.000g

添加物:D-ソルビトール液、濃グリセリン、ポリアクリル酸部分中和物、ゼラチン、カオリン、カルメロースナトリウム、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸メチル・アクリル酸-2-エチルへキシル共重合樹脂、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル、l-メントール、ポリソルベート80、亜硫酸水素ナトリウム、pH調節剤、ジヒドロキシアルミニウム、アミノアセテート、エタノール、酸化チタン、モノオレイン酸ソルビタン


使用上の注意

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人.
(2)ぜんそくを起こしたことがある人.
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人.
(4)15歳未満の小児.
2.次の部位には使用しないこと
(1)目の周囲、粘膜等.
(2)湿疹、かぶれ、傷口.
(3)みずむし・たむし等又は化膿している患部.
3.本剤を使用している間は、他の外用鎮痛消炎薬を併用しないこと
4.連続して2週間以上使用しないこと
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人.
(2)他の医薬品を使用している人.
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人.
(4)パップ剤でかぶれ等を起こしたことがある人.
(5)次の診断を受けた人.
消化性潰瘍、血液障害、肝臓病、腎臓病、高血圧、心臓病、インフルエンザ
(6)次の医薬品の投与を受けている人.
ニューキノロン系抗菌剤、トリアムテレン、リチウム、メトトレキサート、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド剤、利尿剤、シクロスポリン、選択的セロトニン再取り込み阻害剤
(7)高齢者.
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この外箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、皮膚のあれ、刺激感、色素沈着、水疱、落屑(皮膚片の細かい脱落)

 まれに次の重篤な症状が起こることがある.その場合は直ちに医師の診療を受けること

[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる.
接触皮膚炎・光線過敏症:貼付部に強いかゆみを伴う発疹・発赤、はれ、刺激感、水疱、ただれ等の激しい皮膚炎症状や色素沈着、白斑があらわれ、中には発疹・発赤、かゆみ等の症状が全身に広がることがある.また、日光が当たった部位に症状があらわれたり、悪化することがある.
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この外箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること


保管および
取り扱い
上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください.
(2)小児の手の届かない所に保管してください.
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります.).
(4)開封後はファスナーを閉めて保管してください.
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください.

剤形 貼付剤
リスク区分等 第2類医薬品
区分 日本製:第2類医薬品
消費者
相談窓口
大協薬品工業株式会社
問い合わせ先:お客様相談窓口
電話:076-479-1313
販売元 大協薬品工業
広告文責 株式会社エナジー 0242-85-7380
登録販売者 山内和也
薬剤師 山内典子
営業時間10:00~18:00



関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎 【第2類医薬品】ジクロフィット湿布7枚入関節痛肩こり冷湿布

ご挨拶

京都大学医学部脳神経外科学教室および同門会を代表し、ご挨拶申し上げます。

 京都大学では1941年に荒木千里教授が本学第一外科学講座の教授に就任し、診療・研究の主なテーマを脳神経外科に定めたことにより、脳神経外科学が本格的に開講されています。そして、東京五輪が開催された1964年に荒木千里教授と半田肇助教授(当時 本学第一外科学教室)により京都大学脳神経外科学講座が講座・診療科として開設され、その後半田 肇教授(1965年~1986年)・菊池晴彦教授(1986年~1997年)・橋本信夫教授(1997年~2008年)の教室主宰を経て、私が第五代目の教授として2009年に着任し、今日に至ります。

医学部臨床系教室においては臨床・教育・研究が3本柱であると言われています。国内外に胸をはることができるような卓越した業績は当教室の伝統ですが、業績などは程度の差こそあれいずれの施設にも存在します。他に比して我々が誇ることのできる特長を敢えて挙げるとすれば、それは京都大学に脈々と受け継がれてきたリベラルな校風と豊富な人材です。関東から四国・九州に至る広い地域に約50の関連病院をもち、450名を超える多くの教室員が各地域の脳神経外科医療を担っています。また国内外の他大学と活発な人事交流を行っています。価値観の多様性を重んじ個性を慈しんでこそ、人は集います。「名を残すのは二流・人を残すのが一流」と申しますが、先達が育んでくれたこの豊富な人材こそが京都大学医学部脳神経外科学教室の何にも変えがたい財産であると私は考えています。

私はこれからも当教室の素晴らしい伝統を引き継ぎ、人材育成に力を尽くし、皆が夢を感じることができるような「明日へのシナリオ」を書きつづけていこうと思います。われわれの教室はもうすぐ開講80周年を迎えます。夢と志を共有した仲間たちとともに京都大学脳神経外科教室百年の大計を図り、それを以て日本そして世界の脳神経外科の発展に力を注ぎ、さまざまな脳神経疾患に苦しむ患者さんのために貢献しつづけていきたいと考えています。

続きはこちらから

患者さんへ

脳神経外科が担当する領域は、脳血管障害・脳腫瘍・脊椎脊髄・先天奇形などの小児脳神経外科・てんかんなどの機能的脳神経外科・頭部外傷・炎症性疾患など非常に幅広く多岐にわたります。脳神経外科は基本診療科であり、その診療内容は決して手術だけではなく、診断・治療・手術前後の管理など脳脊髄疾患の診療すべてにわたります。この点が基本診療科ではない他の外科系領域たとえば心臓血管外科や消化管外科が手術治療に専従し、診断や術後安定期の管理を循環器内科や消化管内科にゆだねているのとの大きな違いです。

つまり、脳神経外科では診断から治療さらには経過観察にいたるまで患者さんとのおつきあいがながいのが特徴です。

研修希望者の方へ

脳神経外科が対象とする領域は、脳血管障害・脳腫瘍・脊椎脊髄・先天奇形などの小児脳神経外科・てんかんなどの機能的脳神経外科・頭部外傷・炎症性疾患など非常に幅広く多岐にわたります。治療選択肢も直達手術だけではなく、脳血管内手術・ガンマナイフなどの定位的放射線治療・リハビリテーションなど幅広いことが特長で、個人の特性に合わせた多様な未来の開拓が可能です。...続きはこちらから

医療関係者の方へ

京都大学脳神経外科では、“For the Patient(患者さんのために)”を旗頭に、治療困難な脳神経疾患に対する最新の外科的治療を十分なインフォームド・コンセントの上で実践しています。
当科では、保険診療で認められている水準を越えた先進医療に含まれる診断・治療を行い、実績をあげている。具体的には、左の通りです。

  • 特定疾患ウイリス動脈輪閉塞症に対する外科的治療
  • 脳血管内手術(塞栓術、拡張術、血管形成術、ステント留置術、など)
  • 悪性脳腫瘍に対する新たな放射線療法併用化学療法 と遺伝子診断に基づく抗癌剤感受性の評価
  • 脳磁図を用いた脳機能局在の術前評価
  • 硬膜下電極埋め込みによるてんかん焦点の同定および脳機能局在の評価
  • 覚醒下手術
  • 高磁場MRI装置による画像診断
  • 術中ナビゲーション装置による脳機能温存手術
  • 神経内視鏡手術